2011年01月07日

走り初め

今年に入って初の晴天。

同時に初サイクリング。

目的地は、有明海。

快晴なのに、風は冷たい。

山は雪化粧。

aublog0150

盆地の多久を出ると、風に押されて、ペダル回転が90rpmで30km/hで快走。

約1時間半で到着。

aublog0146 aublog0145

aublog0147

aublog0149

aublog0148


 

帰りは、風と格闘。

ペダル回転は80rpm、20km/h。

途中の温泉で小休止。

昔、職業訓練校で一緒だった人に再会。

お互い、近況報告雑談。

家に着いた頃は薄暗くなっていた。

でも、少し日が長くなった気がした。

 

往復 66km
所要時間 4時間34分

posted by masato at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 走行日記

オーストラリア最後のサイクリング

---------------------------------------------------------
2008年3月2日(日)快晴
Alice Springs〜Sydney
---------------------------------------------------------

7時に起きて朝飯の後に、出発の用意をした。

長年使用したマットと食材や調味料は、荷物の軽量化のため、
ここに置いていくことにした。

8時半に空港に向けて、宿を出発。何も問題なく到着できればいいが。

16kmを1時間かかって空港に到着。
これが、オーストラリア最後のサイクリング。

まだ、時間が早いので乗客は来ていない。
チェックインカウンターに行き、自転車用の段ボール箱をもらった。
自転車専用の箱を持っているところがすごい。
自転車を預ける人が多いのだろう。

カウンターの近くの待合ベンチの前で自転車を分解して箱詰めした。
約1時間で終わったが、まだまだ出発時間まで2時間がある。
ベンチに座ってチェックインまで待つ。

やはり、チェックインの軽量で引っ掛かった。
自転車の箱が28kg、リュックが15kgで計43kg。
規定は32kgで重量オーバー。
箱には、自転車とアクセサリーしか入れてはいけないが、
何が入ってるかと、しつこく聞かれた。

自転車とアクセサリーと答えると、重過ぎると言われ、
本来なら22ドルの追加料だが、今回は見逃してくれた。
しかし、次回は払ってもらうと言われたが、どうやってわかるのだろうか。
結局今回は、箱代も請求されなかった。

posted by masato at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走行日記

2010年12月17日

やっと話せた

宿に戻った。

スペイン語で話すカップルがいたが、話しかける機会がなかったが、
やっとスペイン人の彼と話すことが出来た。

オーストラリアでは、スペイン語を話す人と会う事は、日本人に会う事より少ない。

お互い喜んだように話した。

その彼女も加わり盛り上がった。誰でも母国語で話した方が、
親近感が湧くのだろう。

そして、彼らは外出すると出て行った。

晩飯には、まだ日が高いので、中庭でボーッとしてくつろいだ。

シャワーを浴びて、晩飯を作った。先にスペイン人カップルが食べていたので、
彼らと同じテーブルで食べた。

肉じゃがを分けてあげた。

スペインの話をいろいろと聞かせてもらった。

食べ終わると、自然に散ってしまった。

テーブルで日記を書いていたら、彼らは寝ると言うので、握手して、
お互いの旅の安全を祈った。

Buen biaje

時間が欲しい、NZに行きたい。オーストラリアからはすぐそこだ。
ウルルから飛べばよかったかな。

posted by masato at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 走行日記

2010年12月12日

アボリジニと交流

スペイン語で話すカップルがいたが、話しかける機会がない。

特にする事も無いので、自転車屋から箱をもらって来て、自転車を梱包しよう
かと考えたが、結局昼までボーッとして過ごした。

荷物をあらかたまとめて昼飯は焼き飯にした。

それから少し昼寝した後に、自転車の不要な部品を町の広場でたむろしている
アボリジニにやろうと町に出た。

どの人にやろうかと思って、しばらく彼らを観察した。

乳飲み子を持つ夫婦がいたので、その人達にやることにした。

子供のために、スーパーから牛乳とパンを買って来て渡した。

そして、写真を取らしてくれと頼んだら、父親が10ドルと言ったので、やめた。

何回か交渉してみたが了解を得られない。

奥さんお方は、良いじゃないと言っているが、父親はなかなか、首を縦に
振ってくれなかった。

しばらく彼らのそばに座っていた。

すると、母親が撮っていいと言ってくれたので、撮らせてもらった。

そして、父親に自転車のチューブなどをやったら、大喜びしてくれた。

その場を立ち去ろうとしたら、長老らしき人から呼ばれ握手を求めてきた。

さっきの父親も握手をしてきた。

aublog0144

宿に向かい遠くで振り返ると、彼らは手を振ってくれていた。

よかったのか、あまやかしたのやら・・・

 

彼らは、働く気が無くて、たむろしているのか、アボリジニと言うことで、
職が無いのかオーストラリアの事情は分からない。

アリススプリングスはアボリジニが多く、お金を要求してくるので、
治安が悪いと数人の日本人旅行者が言っていたが、日本でも路上で、
しつこく勧誘する所があるので、特に治安が悪いとは思わなかった。

posted by masato at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 走行日記

2010年12月06日

どういう風のふきまわし?

---------------------------------------------------------
2008年3月1日(土)快晴 36℃
Alice Springs
---------------------------------------------------------

7時半ごろ起きて朝飯。

インターネットでシドニーのYHAの予約を試みたが、遅すぎて予約出来ない。

弟にメールを送った。
昨日のメールは送信エラーで届いていないみたいだった。

手荷物には、20kgと制限があり、少しでも荷物を減らそうと頭が痛い。

インターネットで安く配送出来る所は無いかと、調べても分からず。

受付にインターネットでは予約出来なかったと言ったら、シドニーのYHAに
電話してくれた。セントロには3つYHAがありすべて満室だと言われた。

インターネットでは、空室が有ったのだが・・・
後で、自分で電話してみたら、セントロから一番遠い所が空いていたので、
予約した。

自分でもどういう風の吹き回しか知れないが、今までは、
行き当たりばったりで、宿の予約などしたこと無かった。

posted by masato at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 走行日記