2009年04月23日

電話で宿探し

案内所の人は、あてに出来んし、自分で宿探しするしかない。

まずは、看板の写真を見て良さそうなものにかけてみた。

電話なので、お互いの表情が見えないので、通じるのか?

相手は当然、英語を話せると思って話してくる。

つたない単語を並べ、二晩、空いていますか?

と単純な質問に対して、いろいろと説明してくれるが、聞き取りも

ろくに出来ない上に、知らない単語で答えられても、さっぱい分からん。

また、こちらから、同じ質問、しかし、相手の事がまったく聞き取れ

なかった。続きを読む
posted by masato at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 走行日記

2009年04月24日

宿が見つかり一安心。しかし・・・

バスで街へ向かった。駅が終点だった。そこから、各ホテル行の乗り合い

バスに乗り換える。窓口でどのバスか聞くと、地図をくれて宿はここだと

教えてくれた。

おいが、まごまごしてたら、近くの人が荷物を見て、彼は歩いていくのは

無理だと言ってくれた。

乗り場には次々バスが来る。どのバスか分からないので、ひとり、ひとり

運転手に、宿のチラシを見せて、ここに、行くかと確かめた。

そのチラシは、英語がびっしり書かれてあるので、どれが宿の名前か

分からない。

バスが表通りから裏道に入った所で降ろされた。さっきもらった地図では、

宿は、表通りに面していたのだが、運転手が指を指してあっちだと言うので、

道の反対側だと思い、渡ったが、ない。続きを読む
posted by masato at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走行日記

2009年04月27日

宿探しは疲れた。

やっと見つけた安宿に、チェックイン。

午前7時にメルボルンに到着したが、すでに午後3時を過ぎていた。

一泊35ドル(約3500円)と安宿といえる値段ではないが仕方ない。

部屋は3階で、まず、リュックを部屋まで持って行った。次に自転車を持って

階段を上がっとたら、髪を赤く染めたパンクロッカーみたいな若者が

手伝ってくれた。


ちょっと、感動的した。

おいも、日本人の悪いくせで、人を見た目で判断するのは、やめよう。


部屋に入り。いんにゃー、きゃーなえた。(いやー、疲れた。)

普通だったら、時差で疲れるのだが、今回は、労力で疲れた。


しばらく、横になった。
posted by masato at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 走行日記

2009年04月29日

ちょっくら、外へ

午後5時ごろ目が覚めたが、日はまだ高い。

受付で、スーパー、自転車屋、観光案内所の場所を聞いて、町に出たが、

今日は、日曜日だったので、店と観光案内所は閉まっていた。



スーパーで夕食の分だけ買って宿に戻る。


広い食堂は混んでいる。少なくなるのを待ったが、変わらなかったので、

キッチンが、すいているうちに、ラーメン作って、そこで、立ち食いした。


5人くらいの日本人が集団を作っていた。他の国の人もそうだが、目も合わさず、

愛想がない。

一人、彼らの中に入らずに居た日本人と挨拶を交わし話した。

彼も同じことを思っていた。彼は、旅行者だったので、お互い情報交換できた。


やっと、宿が空いていない理由が分かった。

メルボルンで全豪オープンテニスがあっているそうだ。


ここが、空いててよかった。しかし、この宿汚い。特に、台所と食堂は食べ

こぼしだらけ。


今日は疲れたので、早めに部屋に戻り就寝。


色々、あったがやっと、入国初日が終わる。

この宿は、定住者が多いみたい。やはり、定住者と旅行者では、隔たりが

ある気がした。



明日からは、物資と情報仕入れだ。
posted by masato at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 走行日記

2009年05月01日

オーストラリアの味覚と働きっぷり

さあ、今日から、自転車旅行の情報収集と物資調達だ。

その前に、腹ごしらえ。

8時半頃、食堂へ行ってみた、ここは、朝食付きだった。
昨日は、疲れてそこまで確認していなかったので、もーけた気分。

パン、コーヒー、牛乳、紅茶、飲み放題、食べ放題。
これは、非常に助かる。

しかし、食べ物の量に対して、人の数のほうが多いので、
すぐ無くなってしまう。

また、持ってきてくれるのだが、次に、出てくるまでが長い。
日本だと、早くしてと圧力が掛かるのだが、国民性の違いか・・・
それとも、日本はギスギスしすぎているのか?

働いている方は、楽だろうな〜。

パンにバターとジャムと付けて食べたが、バターとジャムは1Lくらいの
容器に入っていて、でかく、いかにも、工場で量産しましたという感じだ。

でも、あんまり、おいしくないなー。

バターは味気なく、ジャムは甘すぎて、果物のジャムと言うより、
水飴に色付けて、砂糖を大量に入れた感じ。

糖分で腹いっぱいになった。異様な満腹感。

おいは、その国の食べ物は、乳製品がおいしいか、まずいかで、
総合判断している部分がかなりあるので、オーストラリアの味覚は
どうなっているんだという一面であった。
posted by masato at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 走行日記